オープニングムービーを作ったときの記録

結婚式で上映するオープニングムービーは、会場内の雰囲気を盛り上げるために工夫が必要です。結婚する私たちにとって新しいスタートのなる大切な式なので、どのような内容のオープニングムービーにしようか何度も話し合いをしてきました。

最初に悩んでしまったことは、専門で作成してくれる業者に頼むか自分たちで作成するかです。専門業者に作成を依頼すれば、見ごたえのあるムービーにすることができます。自分たちで作るよりも立派なものに仕上がりますが、細かい打ち合わせが必要なことや費用が高額になるため悩んでしまいました。依頼するしかないと考え始めた時にインターネットで見つけたのが、オープニングムービーは自作できるということです。

自作するために必要な道具は、パソコンと動画や写真などを撮影するカメラ位でした。動画を作成するためには専用のソフトが必要ですが、無料で使えるものでも慈雨分な機能があります。自分で作成するために必要なものが揃ったので、内容について2人で相談しました。上映する内容を自分たちできめることができるのがメリットですが、あまり長すぎてもイメージを悪くしてしまいます。楽しい結婚式にしたいので、上映時間は約3分程にすることに決めました。

私たちが式場に入場する前に上映するので、2人の自己紹介などを入れることも重要なポイントです。結婚式当日までの私たちのことがわかるように、招待状を書いている場面や結婚指輪などを選んでいる様子などを流すことにしました。結婚指輪やウエディングドレスを選んでいる様子は、私たち二人にとっても大切な思い出になります。一度しか経験できないことを参加してくれる人と共有できることも、自分たちでオープニングムービーを作成する大切なポイントです。

上映が終了する10秒ほど前に、カウントダウンのために数字も流すことにしました。1秒ずつ少なくなる数字を見れば、いよいよ結婚式が始まるという雰囲気を作り出すことができます。上映する時に流すBGMも、私たちの雰囲気気に合わせてコミカルな曲にしたのもポイントの一つです。参加してくれた大切な人たちに対する挨拶や感謝の気持ちを入れることも、二人で何度も話し合いながら決めていきました。

自分たちだけで作成したので、専門業者に依頼するよりも完成度は劣ります。自分たちの感謝の気持ちをしっかりと参加者に伝えることも、自作する時の大切なポイントです。動画ソフトの操作も簡単だったので、自分たちのイメージにピッタリのオープニングムービーを作ることができました。